小林幸子のラスボスの由来は?千本桜をカバーの理由を調査

スポンサーリンク

こんにちは、大雨で周りの音が聞こえないもんちゃんちです。

テレビを見てるとラスボスこと小林幸子さんの歌が気になったので調査していきたいとおもいます。

小林幸子プロフィール

 

名前  小林 幸子
本名  林 幸子
誕生日 1953年12月5日(63歳)
出身地  新潟県 新潟市 (現:新潟市 中央区)

血液型  A型

身長 165㎝  体重  ?
ジャンル 演歌
歌謡曲
職業 演歌歌手
女優
活動期間 1963年 – 現在

事務所  幸子プロモーション
公式サイト  幸子プロモーション公式ウェブサイト

1964年には新潟市内で肉屋を営んでいた家族とともに上京して古賀事務所に所属し、古賀作曲の『ウソツキ鴎』でデビュー。

デビュー曲がいきなり20万枚のヒット曲となる

小林幸子さんは小学生の頃演歌歌手としてデビューして紅白歌合戦にも常連だったのに、干されてどのようなことでラスボスになったんでしょうか。

 

小林幸子のラスボスの由来は?

ここ近年、ネット界隈では小林幸子さんのことを「ラスボス」と呼ぶことが普通になっているようですが…

一体、どんな由来からラスボスと呼ばれるようになったのでしょうか?

そもそも、普段聞き慣れない単語であるラスボスとは何なのでしょうか?

ラスボスとは「ラストボス」の略です。

ラスト(last)は、英語で「最後の、最終の」という意味。

ボス(boss)は、英語で「親方、親分、黒幕的人物、大御所」という意味です。

この場合、「最後の親玉」といった意味になるでしょうね。

かつて紅白歌合戦の定番になっていた、小林幸子さんが着ている豪華で派手な衣装が原因なのです。

この衣装が、小林幸子さんが「ラスボス」と呼ばれる由来となっています。

小林幸子さんは、紅白歌合戦に落選して以降も地道に芸能活動を続け、若者のファンを増やしてきています。

そういった影響からか、ラスボスといった独特の呼び名で呼ばれたりしているということなのでしょうか?

これには、あるきっかけがあったのです。

話は、2008年にさかのぼります。

ネット上では、とある現象が起こったことが話題になりました。

検索エンジン「Google」の検索窓に「ラスボス」と入れて画像検索をすると…

「テレビゲームなどに登場するラスボスを差し置いて、小林幸子さんの画像がトップあたりに集中して出てくる」といった現象が起こったのです!

表示される数々の画像は、小林幸子さんが過去に出場してきた紅白歌合戦のものがほとんど。

本来であれば、それぞれ全く繋がりのない「小林幸子」と「ラスボス」というキーワード。

しかしこれを見た人たちは、「存在感が抜群な芸能界の大御所・小林幸子さんなら、いかにもラスボス」といった感じでむしろ大いに納得したというわけです。

 

 

千本桜をカバーの理由を調査

インターネット動画配信サービス「ニコニコ動画」の生放送に出演。

紅白での豪華衣装が恒例となっていたため「『ラスボス』と呼んでいいですか」との投稿にOKを出したところ、「ラスボス」という“弾幕”が画面一杯に張られたという。

ニコ動の放送終了後、スタッフに「ラスボスってなに?」と聞いたことを明かした。

「面白がることが大好き」という小林幸子さんはその後、若者に大人気のボーカロイド・初音ミクの「千本桜」を自らが歌った動画を投稿。

これが100万アクセスを稼ぎ、人気復活につながった。

その動画がこちら

「ボーカロイドではコブシができない。機械なので息継ぎがないコンピューターとの『戦い』を面白がっている」という小林。

「最初は全然知らなかったけど、やっているうちに面白くなってきた」と笑顔を見せる。

インターネットの世界は「今の文化。文化は認めたい。また違う世界が見えてくる」と語った。

「今、心に響く曲」は初音ミクの「千本桜」と答え、「私の新しい出会い」と、復活のきっかけとなった曲に感謝した。

現在も色々なボーカロイドの曲をカバーしている小林幸子さん。

これからもラスボスの活躍から目が離せないですね。

芸能人

Posted by wpx054681


PAGE TOP