鹿児島ホルマリン漬けの産婦人科はどこ?

スポンサーリンク

こんにちは、もんちゃんちです。

もんちゃんちは鹿児島出身なのですが、恐ろしい記事を見てしまいました。

それは、およそ20年前に閉院した鹿児島市の産婦人科の建物から

去年11月、ホルマリンに入れられた胎児の遺体15体が見つかっていたことがわかりました。

という記事です。

そのホルマリン漬けがされている産婦人科がどこか気になったので調べてみました。

鹿児島ホルマリン漬けの産婦人科はどこ?

病院は旧鳥丸産婦人科です。

住所は鹿児島市松原町15番6号

発見されたのは平成29年11月14日だそう。

この産婦人科は20年前に廃業しており、院長も既に亡くなっているそう。

遺体は県警が見分したが死亡時期もわからず、市に引き渡された。

市は「行旅(こうりょ)死亡人」として火葬、市営墓地に埋葬した。

現場の建物はすでに解体され、更地になっているという。

行旅死亡人とは名前や住所、本籍地など身元につながる情報がなく、引き取る人もいない遺体のことだそうです。

遺体が見つかると警察が遺体の状況や事件性の有無などを調べます。

行旅死亡人に該当する場合、「行旅病人及び行旅死亡人取扱法」により、見つかった市町村が火葬し、官報で広告するそうです。

平成30年2月1日付けの官報に掲載されていました。

ホルマリン漬けにされた理由(目的)とは?

なぜ15体もの胎児の遺体がホルマリン漬けにされていたのでしょうか?

当事者が亡くなっていたり、関係者が見つからない為、真相は闇の中。

よって色んな憶測が飛び交っています。

・当時、鹿児島ではハンセン病が流行っていた事から、中絶させられた。

などです。

他にもツイッターなどで恐ろしい事件だと話題になっているようでした。

待合室や廊下にホルマリン漬けが並べられていたなんて気味が悪いですね。

鹿児島

Posted by momotarin


PAGE TOP