眠狂四郎とは?あらすじや眠狂四郎the finalの放送日を調査

スポンサーリンク

こんにちは、もんちゃんちです。

眠狂四郎the finalが放送されますね。

ところで眠狂四郎とはどんなドラマなのでしょうか?

気になって調べてみました!

眠狂四郎とは?

眠狂四郎(ねむり きょうしろう)は、柴田錬三郎の小説に登場する剣客。

1956年5月から『週刊新潮』に連載された「眠狂四郎無頼控」で初登場した。

『大菩薩峠』(中里介山著)の主人公机竜之助に端を発するニヒル剣士の系譜と、

柴錬の作風を貫くダンディズムが融合した複雑な造形がなされているキャラクターである。

もともとは小説だったのですね。

1956年から映画化もされており、12シリーズもあります。

テレビドラマシリーズは1957年から始まり、1983年頃まで放映されていたようです。

テレビドラマシリーズの1957年に放映されたものの主演は田村正和さんです。

今回放映される眠狂四郎the finalの主演も田村正和さんが務められます。

人気の作品なんですね!

眠狂四郎のあらすじ!

眠狂四郎は、柴田錬三郎の小説に登場する剣客。

円月殺法と呼ばれる剣術を使って無敵の活躍をしていくといった内容。

眠狂四郎は、日本人と転びバテレンの混血という家筋で、人を平然と切り伏せる残虐性を持っている。

自分の生い立ちを背負い、虚無感を持ちつつ円月殺法で活躍していき、剣術ブームを世にもたらした。

この映画作品で市川雷蔵さんが主演になり、非常に評価も高く当たり役となったそうです。

眠狂四郎the finalの放送日は?

眠狂四郎the finalの放送日は2018年2月17日(土曜日)です。

眠狂四郎the finalのあらすじ!

田村が演じる狂四郎は、武家社会の醜さや町人世界のあくどさを嫌悪しながら、

彼の腕や美貌を利用し、甘い汁を吸おうとする悪徳大名や商人に正義の剣をふるい、その姿は当時世間の注目を浴びました。

田村さんが眠狂四郎を演じるのはおよそ半世紀ぶり。

さらに今回は吉岡里帆さんが演じる武家の娘・操(みさお)が登場します。

操はある日突然、狂四郎の前に現れ、狂四郎のことを「父上」と呼び、皆を驚かせます。

美しく快活な娘で、狂四郎を慕いますが、本当の娘なのか?その正体は分かりません。

まとめ

今回すごく謎めいていますね。

本当の娘なのかも気になりますし、妻がいるのか誰なのかも気になります。

田村正和さんと吉岡里帆さんも初共演なのでお二人の演技も見所ですよね!

普段あまり時代劇を見ないもんちゃんちですが、今回は是非見て見たいと思います。

テレビ

Posted by momotarin


PAGE TOP