女子パシュート高木美帆が立ち止まった理由!待っては誰の声?

スポンサーリンク

こんにちは、もんちゃんちです。

女子団体パシュートの予選を見ていると、高木美帆選手がスタートして一時してから立ち止まりましたね。

高木美帆さんに一体何があったのでしょうか?

理由を調べてみました。

女子団体パシュート予選で何があった?

途中で立ち止まった高木美帆選手に対して、ツイッター上でも色々と話題になっているようです。

ネット上で高木美帆選手が遅れた理由は韓国陰謀説とフライングかと思って立ち止まった説で盛り上がっているようでした。

私も見ていた時は先頭で走っていた高木美帆選手がフライングだと勘違いして、立ち止まりそうになったのかな?

と思っていました。

予選の競技が終わった後、清水宏保さんによるパシュート解説が行われました。

全くその通りです。

私も2回くらい見てからやっと誰かの「待って待って!」が聞こえました。

集中力が違うのですかね?笑

その時点で高木美帆選手は、日本人の誰かの「待って待って」の掛け声で立ち止まりそうになったということが分かります。

また清水さんは解説でこの様にも語っていました。

清水宏保さん「見てください!ここ高木美帆選手が出た時に、すごく落ち着いて滑っているんです。分かりますか!?」

松岡修造さん「分かりません!!!!」

スタートであのようなアクシデントがあったにもかかわらず、途中でぐんぐん追い上げて1位のオランダに迫る好記録でした。

その凄さを伝えたくて清水さんは松岡さんに分かりますか?

と言っていたのですが、

松岡さんの正直すぎる分かりませんに思わず笑ってしまいました。

女子団体パシュートの高木美帆が立ち止まった理由は?

高木美帆選手が立ち止まった理由は、その後のインタビューで明かされました。

韓国のスターターがいつもより遅いので佐藤綾乃選手がスタートで出遅れてしまい

リンク内の日本人選手がおそらく高木美帆選手に「待って待って!」と言い

高木美帆選手がそれに気付きスピードを落とした。

といった流れでした。

高木美帆選手はインタビューでそれも含めて自分たちのミスなので

気を引き締めて決勝を迎えたいと語っていました。

スポーツ選手

Posted by momotarin


PAGE TOP