島津家の家紋の由来や意味を調べてみた!

スポンサーリンク

こんにちは、もんちゃんちです。

西郷どんを見ていて毎回のように目にする島津家の家紋。

島津家の家紋にはどんな由来があるのでしょうか?

調べていきたいと思います。

島津家について

島津氏は、日本の氏族です。

初代島津忠久が薩摩国・大隅国・日向国の3国の守護職に任じられて以降

南九州の雄族として守護から守護大名、さらには戦国大名へと発展を遂げ、その全盛期には九州のほぼ全土を制圧するに至りました。

また江戸時代には外様大名・薩摩藩主として将軍家と閨閥も築き、

幕末期に近代化を進めて雄藩の一つとなって明治維新の原動力となり、

大正以降は皇室と深い縁戚関係を結びます。

尚武の家風として知られ歴代当主に有能な人物が多かったことから、

俗に「島津に暗君なし」と称えられる。

これにより鎌倉以来明治に至るまで家を守り通すことに成功しました。

鎌倉時代から江戸時代まで続いた、薩摩を根拠地とする大名家のほかに、多数の分家があります。

島津氏は、秦氏の子孫・惟宗氏の流れを汲む惟宗基言の子の惟宗広言が、

主筋である藤原摂関家筆頭の近衛家の島津荘の荘官(下司)として九州に下り勢力を拡大その子の惟宗忠久が、

新興勢力である源頼朝から正式に同地の地頭に任じられ島津を称したのが始まりとされのちに薩摩国出水平野に城を築き、拠点を移しています。

しかし、現在では同じ惟宗氏でも広言ではなく惟宗忠康の子孫とする説が最も有力です。

島津家の家紋の由来は?

島津の家紋は「丸に十の字」ですよね。

しかし、昔は外郭の丸はなく、単に筆書体の「十」だけだったそう。

これは鎌倉初期の島津忠久着用の甲胄につけてある十文字からきています。

 

また、『蒙古襲来絵巻』にも、 久親・久長の兵船の旗に十字紋があり、『 見聞諸家紋』でも筆書体の十字です。

ところが、徳川期になると、 礼装用の紋に転化したために、多くの武家が外郭に丸を付けるようになりました。

島津氏もこれにならい以後、 定着しました。

 

↓島津一族の家紋

ところでこの十字は、いったい何を意味するのでしょうか?

これには説が5つもあり、一つは二匹の龍を組合せたものです、

からみあって昇天する様だというが、これは引両紋から連想されたものでしょう。

二つ目は、 二本の箸を交叉して出陣戦勝の呪いにしたのが始まりだそうです。

三つ目は、キリスト教の印とする説です。

四つ目は、「十字を切る」という形の呪符からきたとする説です。

これに似たもので忍者が九字を切ったり、 民間で安倍清明判や籠目などを魔除けに用いるものなども同じような呪符だという。

五つ目は、轡紋から転じたとする説です。

とてもたくさんの説があるのですね!

このように諸説あるなかで、四の説が正しいとするのが定説となっています。

キリスト教などの入る前から、 島津氏は十字紋を用いていたので十字架説などは問題になりません。

十字紋はもっとも古い紋のひとつで歴史的にも名高く、鎌倉時代は清和源氏の小笠原・逸見・田沢・志村の 諸氏も用いたが、

のちには島津氏に遠慮して廃止している。島津氏は宗家以外は十字の原形を少しずつ 変えて用いているといいます。

丸に十字の家紋なので割と単純なのかと思っていましたが、こんなにも説や由来があるなんて驚きです。

もんちゃんちは鹿児島県民ですが、島津家の家紋の由来は知りませんでした。

こうして家紋のルーツを調べるのも面白いですね!

鹿児島

Posted by momotarin


PAGE TOP