余貴美子の旦那と子供は?若い頃や国籍、読み方を調査!

スポンサーリンク

こんにちは、もんちゃんちです。

新年度のNHK朝ドラの岡田医院(岡田貴美香)女医で出演が決定した、余貴美子さん話題のドラマや映画に数多く出演されています。

どのような役柄なのかきになります、調べていきたいとおもいます。

余貴美子のプロフィール

名前  余 貴美子(よきみこ)
本名  余 貴美子
生年月日
1956年5月12日(61歳)

出生地  神奈川県横浜市中区

国籍  中華民国
血液型  B型

カップ  Fカップ

デビュー  1976年

趣味  和太鼓 三味線 映画鑑賞

特技  中国語 民謡

学歴  神奈川学園高等学校

配偶者  山下恒彦(2006年〜
職業  俳優
ジャンル
映画・テレビドラマ・舞台

事務所
アルファエージェンシー

所属事務所  プロフィール

主な作品
映画
『学校III』
『あ、春』
『ホテル・ハイビスカス』
『おくりびと』
『ディア・ドクター』
『あなたへ』
『武士の献立』
受賞
日本アカデミー賞
最優秀助演女優賞
2008年『おくりびと』
2009年『ディア・ドクター』
2012年『あなたへ』
優秀助演女優賞
1998年『学校III』
2013年『武士の献立』

ブルーリボン賞
助演女優賞
1998年『学校III』『あ、春』

余貴美子の旦那と子供は?

余貴美子さんは2006年3月に結婚を発表していますが、
旦那さんは山下恒彦さんという方です。

職業はNHKの美術スタッフで、生まれた年は1958年、余さんとは2歳年下です。

お2人の馴れ初めですが2001年放送のドラマ「ちゅらさん」でお仕事がいっしょになったことがきっかけで交際へと発展したそうです。

結婚して10年弱になりますが、余貴美子さんは50歳ころに結婚したこともあり、子供はいません。

しかし山下さんには連れ子がいるという、噂があります。

しかし連れ子がいるという情報だけで、
どんな方なのかという情報はネットではないようですね。

若い頃や国籍、読み方を調査!

余貴美子さんの読み方は よ きみこ

と呼びます。

珍しい苗字ですが、これは中国や台湾では比較的よくある苗字で、韓国でも少ないですがこの苗字の方がいます。

余貴美子さんは、台湾人の父と、日本人の母の間に生まれたハーフです。

スタイルも良く日本人離れした顔も、とても素敵です。

気になる国籍は『台湾』だそうです。

父親は池袋でナイトクラブを経営していたようで、横浜駅前にも飲食店を出しているようです。

母親は日本舞踊の師範を務めていたそうです。

 

余貴美子さんは高校卒業後に『オンシアター自由劇場』

1984年まで劇団員として活躍していました。

退団後に自ら『東京壱組』を立ち上げた余貴美子さんは、

1996年の解散までに14公演をこなしていました。

映画やドラマに数多く出演してきた余貴美子さんは、

2008年、2009年と2年連続で『日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞』を受賞し、あの高倉健や松坂慶子らに続く史上6人目の快挙だったそうです。

 

余貴美子さんの父親の姉の娘が范文雀さんで、2人は従姉妹同士ということになります。

范文雀さんは残念ながら2002年に病気で亡くなっていました。

従姉妹同士だけあって、よく似ているし2人とも美人ですね。

 

朝ドラが4月から始まります、楽しみにしてます。

芸能人

Posted by momotarin


PAGE TOP