西郷隆盛像が連れている犬の種類や名前は?なぜ上野にあるの?

スポンサーリンク

こんにちは、絶賛せごどんブームの鹿児島出身のもんちゃんちです。

西郷隆盛像が鹿児島にあるのは出身地だから分かるのですが、なぜ上野にあるのか

また鹿児島では西郷隆盛像だけなのに対し

上野の西郷隆盛像が犬を連れているのはなぜか、また犬の種類や名前に迫っていきたいと思います。

西郷隆盛像が連れている犬の種類や名前は?

西郷隆盛と犬がセットでいるのはなぜなのでしょう?

大河ドラマを見ていてもそういった情景は見られませんが。

実は「犬が大好きだった」というものがあります。

動物全般に愛情を注いでいたとされる西郷隆盛は、

その中でも忠節心が強く頼もしい犬に惹かれたようです。

実家には数匹の犬が飼育されており、

毎朝と夕に散歩する姿を地元の人は何度も目撃していたのだとか。

犬を散歩させる習慣を現代風にアレンジしたのも、

西郷隆盛だと言われています。

そんないわれがあったのですね!

西郷隆盛は元々そこまで犬が好きではなく、親族から薩摩犬を預かったことがキッカケで犬を飼うようになりました。

ということは連れている犬の種類は薩摩犬なのですね!

散歩をさせるだけでなく、当時自然が豊かだった東京の地で、兎狩りをするなどして遊んでいました。

趣味の一環として始めた狩りは、人生の一部になるほど西郷隆盛の楽しみの一つだったんですね。

その頃から、犬と一緒に生活するのが当たり前のスタイルになっていき

西南戦争で最期を迎えるときまで犬と一緒だったと言います。

西郷隆盛にとって犬はいつしかかけがえのない家族のような存在になっていたのですね。

気になる犬の名前はツンといいます。

鹿児島では割と有名で私や周りの人も知っていますが、

全国的には知られていないのですね。

ちなみに上野恩賜公園に西郷隆盛と一緒にいる犬は、同じ薩摩犬ですがオスだと言われています。

隆盛が一緒にいたとされる薩摩犬はメスだったようですから、恩賜公園の銅像の犬はツンではないことが分かります。

実は隆盛はツンの他にも幾頭もの犬を飼育していたようで、そのうちの一匹なのでしょうね。

むしろ銅像の犬がツンでないことにビックリですね。

西郷隆盛像はなぜ上野にあるの?

明治元(1868)年。戊辰戦争において西郷隆盛は幕府の勝海舟と会談。
江戸城の無血開城を実現しました。

ですが幕府の中には納得がいかない人も多く、彼らの中からは、上野に立てこもって抵抗する人も現れました。

開城反対派が上野の地を選んだのは、徳川家ゆかりの場所だから。

上野には寛永寺という、徳川家の菩提寺があります。歴代将軍の眠る地を守ろうとしたのでしょう。

『本能寺合戦の図』と書かれているが、実際には上野寛永寺での戦闘を描いたものだそう。

左側の袴姿が彰義隊、右側の洋装の兵が官軍。赤熊は土佐藩兵を描いている。

そんな抵抗派との戦いを指揮したのが、他でもない西郷隆盛でした。

上野に銅像が建てられたのはそういった経緯があったからなのですね。

以上、西郷隆盛像についてでした。

鹿児島

Posted by momotarin


PAGE TOP