幸色のワンルーム実写ドラマ化のキャストは?批判の理由は?

スポンサーリンク

こんにちは、もんちゃんちです。

今回は幸色のワンルームが実写ドラマ化するということで、キャストや批判の理由を調べていきたいと思います。

幸色のワンルーム実写ドラマ化のキャストは?

幸色のワンルームについて

『幸色のワンルーム』(さちいろのワンルーム)は、はくりの漫画作品。

2017年2月より無料マンガサイトpixivコミックで不定期で連載し、現在も随時更新され、2017年6月現在累計閲覧数8,000万!

2017年2月22日に1巻が発売され、重版が行われた。

また、同年6月より開催されたWEBマンガ総選挙では3位となった

元々は『世の中いろんな人がいると言う話』というタイトルでTwitterに投稿されていたが、

『幸色のワンルーム』のタイトルでウェブサイトpixivにも公開され

累計閲覧数6,200万となり書籍化もされた。

ツイッターからピクシブという経緯をへて実写ドラマ化になったのですね。

最近ツイッターやピクシブから有名になるという漫画も多いですよね!

キャストについて

幸役:山田杏奈

お兄さん役:上杉柊平

・その他の出演者
木下ほうか、雛形あきこ、戸塚純貴、わたなべ麻衣、齊藤なぎさ・佐々木舞香

幸色のワンルーム実写ドラマ化の不謹慎や批判の理由は?

幸色のワンルームについて調べていると不謹慎や批判の声がありました。

なぜそういった声が上がるのでしょう。

それはストーリーに原因があるようです。

誘拐犯の青年は14歳の少女がいじめられている光景を見たのがきっかけで盗撮といったストーカー行為を繰り返すように

そして、親からの虐待や学校でのいじめで居場所をなくした少女を誘拐という形で助けます。

青年の部屋中に少女の写真が貼られているのを見ても、カミソリを突き付けられても笑顔の幸。

幸は虐待やいじめで、恐怖心が欠落していました。

自分の居場所を見つけた少女は「警察と両親から逃げ切れたら結婚しよう。」と青年に提案。

「逃げ切れなかったら?」と聞く青年に「その時は一緒に死のう」と答える少女。

誘拐するつもりではなかった青年とそれを知りつつ誘拐された少女。

そんな二人の共同生活はどうなっていくのか?

幸の可哀そうな境遇と謎めいた過去がある青年の話に惹きこまれました。

真似をする人が出るとか犯罪を美化するなという意見も多いようです。

犯罪が絡んでいるだけに賛否両論分かれる作品ですね。

この話は実話という噂もあります。

そういった作品なので実写ドラマ化に批判的な意見があるのも納得ですね。

以上、幸色のワンルーム実写ドラマ化についてでした!

ドラマ

Posted by momotarin


PAGE TOP