ふくや明太子の創業者は誰?通販や店舗を調べてみた!

スポンサーリンク

こんにちは、もんちゃんちです。

アンビリバボーでふくやの明太子が紹介されるということで

創業者は誰なのか?

ふくや明太子の通販があるのか、店舗などを調べていきたいと思います。

ふくや明太子の創業者について!

川原 俊夫(かわはら としお、1913年1月25日-1980年7月17日)は、日本の実業家。

戦争から引き揚げ後、ひとまず福岡県糸島郡北崎村に落ち着いた川原一家は兄などと共に千代町に居を構え、

朝鮮時代の財産を元手に天神町市場(現在は福岡ビルが建っている)に数件の店を出して海産物などを販売していた。

1948年(昭和23年)に川原一家は中洲市場へ移住し、ここで「ふくや」を開業した。

当時のふくやは主に店舗向けに食料品を売る卸商店であった。中でも業務用の中華料理食材に強く、「鳴海屋」「トーホー」と共に「福岡の三大食品卸商店」と称された。

そんな中、商品を卸す以外に目玉になるオリジナル商品を開発しようとの考えから、

夫婦は若い頃に釜山で食べた明太を作ろうと考え開発に乗り出す。

1949年(昭和24年)に第1号の明太子が店頭に並んだ。

しかし味を出すのは容易ではなく、店でも全く売れなかったことから、当初は従業員からも「店主の道楽」という声もあったという。

結局、明太子が完成するには十年近くの歳月を要し、10周年を迎えた1957年(昭和32年)に「味の明太子」が発売された。

そんなに長い年月をかけて明太子を完成させたのですね。

ふくや明太子の通販は?

ふくやの明太子通販もしているようです。

価格は3000円〜10000円と幅があります。

ギフトにも良さそうですよね!

缶詰に入った明太子やチューブに入っていてパスタにかけられるタイプもあります。

アンビリバボーで紹介されたふくやの店舗は?

福岡

博多周辺

中洲本店、川端店、博多駅地下街店、博多デイトス売店、空港通店、福岡空港店

天神周辺

天神店、天神地下街店、渡辺通店、平尾店、西新店、姪浜駅店、小田部店、野芥店、前原店、大橋店、長住店、長尾店、春日店、那珂川店、大野城店、二日市店、太宰府店、志免店、香椎千早店、新宮店、宗像店、三苫奈多店

北九州地区

小倉魚町店、クロサキメイト店、苅田店

筑豊地区

飯塚店、若宮店

筑後地区

上津バイパス店、東櫛原店、甘木店、西鉄久留米バスセンター店、大牟田駅前店

東京

東京羽田店、東京浜松町店

大阪

阪急うめだ店

とあるそうです。

さすがに福岡にたくさんの店舗がありますね。

テレビ

Posted by momotarin


PAGE TOP