丹道夫の弟や息子は?生い立ちがすごい!出身大学を調査!

スポンサーリンク

こんにちは、もんちゃんちです。

今回激レアさんを連れてきた。に登場されるのは
富士そばの創業者である丹道夫さん。

富士そばといえば超ホワイト経営で知られていますよね。

富士そばは現在都内を中心に合計128店舗を運営し、
一日約7万食を売り上げています。

2013年からはついに海外へも進出。
台湾、フィリピン、シンガポールなどで
フランチャイズ展開を始めています。

そんなすごい会社に育て上げた丹道夫さんに迫ります。

丹道夫のプロフィール

名前:丹道夫(たん みちお)
生年月日:1935年12月15日
出身:愛媛県(現在:西条市)
血液型:A型

丹道夫さんの出身学校は東京栄養食糧専門学校だそうです。

気になる生い立ちをみていきましょう!

丹道夫の生い立ちがすごい!

生後すぐに父親を亡くした丹さん。

その後母は男性と再婚し、再婚当初は丹さんにも
とても優しかったそうです。

しかし義父は弟の誕生とともにコロっと激変したそうです。
「5歳の僕を、まるで奴隷のように扱い始めた」
と丹さんは語ります。

義父はしつけと称して丹さんに厳しく当たります。
その日から丹さんは掃除と連日連夜の重労働が続きました。

5歳の子に「命余って銭足らず」(寿命までにお金が足りなく
なってしまわないようまじめに働けという意味)
と言ったり金儲けはうまかったけど愛がなかったようですね。

また母親も苦労したそうで
丹さんの母親は病弱だったそうですが、
義父は治療のためのお金は一切出さなかったそうです。

医療費は母親が自分で工面していたそうです。
丹さんは義父のもとから早くひとり立ちしたい
という強い思いが募っていきました。

壮絶な幼少期を過ごされたのですね。

 

 

丹道夫さんは東京栄養食糧専門学校を卒業後、
上京し給食センターの勤務を経て
埼玉県川口市で主に工場向けの弁当屋を開業。

弁当屋を成功させると、不動産事業に乗り出し
一気に急成長。

1966年に事業の一つとして富士そばの原点となる
日本初の24時間営業の立ち食いそば店を
渋谷にオープンさせます。

 

丹道夫の弟や息子は?

丹道夫さんの弟さんについては
名前など細かい情報は分かりませんでしたが、
丹道夫さんの5歳年下ということと
丹道夫さんが成功させたお弁当屋さんを
譲ってもらっているそうです。

弟さんとは仲良くされているのでしょうね。

 

丹道夫さんの息子さん
丹有樹(たん ゆうき)さんだそうです。
1974年神奈川生まれで、慶応義塾大学経済学部を卒業。

大学卒業後はテニスコーチとして働きながら
プロテニス日本の立ち上げに参加。
その後立ち食いそば「名代富士そば」を展開する
ダイタングループに入社し
現在はダイタングループの代表取締役に就任しています。

 

丹さんは「社員こそ内部留保(企業の蓄え・財産)なのね。
企業は人なり。いい社員がいなければ会社なんて伸びない。
僕はそう思うなあ」

と語っております。
とても良い社長(創業者)ですよね!

テレビ

Posted by momotarin


PAGE TOP