台風15号2018の福岡への影響は?米軍やヨーロッパ進路予想図も!

スポンサーリンク

こんにちは、もんちゃんちです。

お盆休み真っ只中ですがまたまた
台風が発生しましたね。

台風15号リーピはどんな進路を進むのか
また福岡への影響があるのかなどを
調べていきたいと思います。

 

台風15号2018米軍やヨーロッパ進路予想図も!

台風15号の基本情報について

名称 LEEPI(リーピ)
存在地域:小笠原近海
中心位置:北緯21度05分、東経143度05分
進行方向:北西
速さ:15km/h
中心気圧:998hPa
最大風速:中心付近で20m/s
最大瞬間風速:30m/s
強風域:(15m/s以上) 東側220km、西側110km

まだ台風14号ヤギも残っていますよね。
台風15号リーピはそこまで勢力は大きくないと
言われています。

台風15号リープは2018年8月12日4時30分に発表され
3時時点では小笠原近海にあって
北へ毎時15kmで進んでいます。

現時点での米軍進路予想は2018年8月15日に
九州と沖縄の間を通る進路予想になっています。
かろうじて鹿児島が直撃するようなかたちですね。

現時点では気象庁では熱帯低気圧に変わる見込み
発表しているので、そうなってくれると良いですね。

台風15号2018の福岡への影響は?

もし台風15号リープが熱帯低気圧に変わらず
そのまま北上してくるなら、沖縄と九州の間を
通る進路予想なので福岡へ直撃とかはなさそうですね。

ただ最近の台風は予想を裏切り大きく曲がったり、
ターンをしたりするので注意は必要かと思います。

 

未分類

Posted by momotarin


PAGE TOP