文学処女5巻最新刊のネタバレと感想!無料で読む方法は?

スポンサーリンク

こんにちは、もんちゃんちです。

LINE漫画で読んでいた文学処女。先が気になって文学処女の5巻を読みました!

文学処女5巻のネタバレをかいていきたいと思います。

ネタバレせずに文学処女5巻を読みたいという方はこちら。

それでは本題に入っていきます!

文学処女5巻最新刊のネタバレと感想!

失恋した月白。
望月の携帯に加賀屋から電話が入り、月白を迎えに行ってくれないかと言われる。

望月が走りながら探していると、ベンチで泣きながら落ち込んでいる月白を見つける。

月白に送っていくというが、なかなか素直にならない月白。

言うことを聞かない月白にしびれを切らし望月は「好きだからほっとけないんだ」と月白に告白する。

そこへ同僚の七星も合流。終電を逃してしまった為、とりあえず七星の家へ入る。

そして七星の家でシャンパンを飲むことになり、勢いまかせで飲む月白。

(七星の鹿子呼びに嫉妬しちゃう望月可愛い。)

望月が心配するが、もう手遅れ。月白は酔っ払って笑い上戸になってしまいました。

(酔った月白ちゃんかわいい。)

酔っ払って加賀屋に言われた重いという言葉を思い出す月白。
「やっぱりこの歳で処女って重いですか!?」と口走る月白。

(なぜか処女な望月が動揺するのが面白い。)

「やっぱり…望月もいや?」と聞く月白に対し、
「俺は別に初めてでも初めてじゃなくても気にしたことないけど、でもその(月白の)初めてを俺にくれるなら凄く嬉しいし…めちゃめちゃ大事にしたいって思う…けど」

(もうここの望月の照れ顔が半端ない、可愛すぎ!持っていかれますね。)

月白「じゃあ望月、私の貰ってよ」
望月「何言って…」
月白「だって、先生抱いてくれなかった。私じゃだめみたい…」
月白「人魚姫にもなれなかった」
望月「月白…?」
月白はそのまま眠ってしまいます。
七星が恋って残酷ね、と言いながら寝ている月白に毛布を掛けます。

七星もどうやら月白の好きな人を知っていたようですね。
まあ七星ならそういうの大体把握してそうですもんね。

七星「恋愛初心者には加賀屋先生は難しいわよね…背負ってるものが根深そうだから…早めに失恋して良かったわよ。辛い恋になるのは見えてる。それでもやめられないのも恋だけどね」

(やー、七星さん深いこと言いますねぇ。)

そうして望月に月白をタクシーで送っていくように促し、マンションを後にしたのでした。

(望月に送るよう促す際に、七星が月白の髪にキスをし、七星が実は私バイセクシャルなのよね。と暴露したのはビックリでしたね。その後七星が望月にキスしたのでやはり七星はつかめないキャラですね笑)

七星は月白を望月に送らせて、辛い恋を忘れて望月との新しい恋をしなさいという七星なりの優しさが込められていたのですね。

タクシーに乗っているときの望月の「俺ならこんな思いさせないのに」がなんとも切ないですね。

玄関まで月白を送り届けましたが、玄関でそのまま眠ってしまう月白。
仕方なく、望月が月白をベッドまで運ぶのでした。

月白「ほんと望月はすごいね。」
望月「え、俺?」
月白「どうしてそんなに優しく出来るの?私は先生の事が好きなんだよ?先生に振られて傷ついて泣いて、それでもここにいるのが先生ならって思ってるひどい奴なんだよ。」

月白「私はこんな自分が嫌い。私を好きなんて間違ってるよ。望月にはもっとふさわしい人がいる。ずっと優しくて素敵な人が…」

望月「それ以上行ったら口ふさぐよ?」
そう言って月白を押し倒します。
月白「望…月?」

望月「これ以上、俺の好きな人を否定するような事言うなよ。」
望月「優しくするだけなのも限界だよ。」

優しくするのは少しでも俺の方を見て欲しいという打算ありありで、加賀屋先生に嫉妬していると伝える望月。

望月「けど、だからってこんなのだめだよな。最低だな俺。男としても人としても最低だよ。ごめん、怖がらせて。もう絶対しない。」

それに初めては車で迎えに行って、海が見えるレストランで食事して、ホテルのスイートで夜景を見て、と持論を展開する望月に、あからさまに引く月白。

(望月が相変わらず乙女ですね!)

「こんな日に1人じゃなくて良かった。望月が隣にいてくれてよかった。」

一方その頃加賀屋は三島と会っていて、月白を担当から外してくださいとお願いするのです。

加賀屋の要望を月白へ伝える三島。
それに対し月白は加賀屋先生が望むなら担当をおりてもよいが、このまま何もやらずに降りるのは嫌です。と言う。

ただどちらにしろ今の月白では加賀屋の担当は出来ないので鶴賀先生の担当をすることになる。

さっそく鶴賀先生に会い仕事をする月白。鶴賀先生の仕草に加賀屋先生を重ねて、涙が止まらなくなる月白。

鶴賀先生「アレが恋愛を避けるようになったのは私のせいだ」

鶴賀先生と加賀屋先生の確執に迫ります。

スポンサードリンク

文学処女5巻最新刊を無料で読む方法は?

ネタバレだけでは物足りないという方もいるのではないでしょうか?
そういうときはやっぱり漫画を読みたいですよね!

文学処女5巻を無料で読む方法はあるのでしょうか?

U-NEXTでは「マンガ」やアニメ・ドラマ・雑誌などを楽しめます。
基本は月額制ですが、新規登録すると31日間無料で利用することが出来ます。
さらに新規登録で600ポイント(600円分)が手に入るので
新刊を買うことも可能ですね!

文学処女最新刊7巻の発売は2019年夏ごろとのこと。続きが気になりますね。

漫画

Posted by momotarin


PAGE TOP