インス大妃のユンソンイの子役は誰?現在や出演作品を調べた!

スポンサーリンク

こんにちはもんちゃんちです。

まだまだ寒くてコタツで韓流ドラマをたのしんでいます。

最近インス大妃がおもしろくて、ユンソンイという少し生意気で可愛い子役が気になり調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

インス大妃のユン・ソンイの子役は誰?

インス大妃とは14世紀末から20世紀初めまで朝鮮半島を統治し続けた朝鮮王朝の中で、絶対的な権力者として激動の時代を生き抜いたもの。

貧しい家庭で育ったユンソンイは死亡した父親の葬儀代を手に入れるため、宮中の女官として働く事になります。

宮中の女官として働いていたユン・ソンイは、見習いという立場であったため、上司の女官から陰湿ないじめを受けていました。

でも、ユン・ソンイの心は陰湿ないじめで折れる事はなく、必ず出世して、自分をいじめてきた女官たちを見返す事を決意したのでした。

韓国ドラマの女官たちの王道ってやっぱ陰湿なイジメですよね。あんな酷い目にあってそれでもめげずに自分の夢や目的のために必死に頑張る彼女たちを見ていると感動します。

 

ユン・ソンイの子役を演じているのがチン・ジヒです。

チン・ジヒのプロフィール

名前:チン・ジヒ

  • 生年月日:1999年3月25日 (20歳)
  • 出身地:ソウル特別市
  • TVや映画の主な出演作品:明日に向かってハイキック、太陽を抱く月

デビューは2003年KBSドラマ「黄色いハンカチ」です。

インス大妃のユン・ソンイの子役の現在や出演作品を調べた!

チン・ジヒは2003年ドラマ「黄色いハンカチ」でデビューして以降、子役として多くの作品に出演してきた。

「明日に向かってハイキック!」という作品では、「パンクットンク」というセリフが流行するなど影響力も大きかったそう。

日本でいう流行語大賞みたいなものでしょうか?そんな影響力のある子役だなんて凄いですよね。

ちなみにパンクットンクは日本語で「クソバカ」という意味だそうですよ笑

2009年には、「MBC放送芸能大賞」で子役賞を受賞しました。

チン・ジヒの主な出演作品

【ドラマ】
『黄色いハンカチ』(03)、『いつか楽園で!』(04)、『ソウル1945』(06)、『恋愛時代』(06)、『偉大なる遺産』(06)、『エデンの東』(08)、『王女自鳴鼓』(09)、『伝説の故郷』(09)、『明日に向かってハイキック!』(09)、『太陽を抱く月』(12)、『ハイキック3~短足の逆襲~』(12)、『火の女神チョンイ』(13)、『ソナム女子高探偵団』(14)、『ベクヒが帰ってきた』(16)

【映画】
『チェロ ホン・ミジュ一家殺人事件』(05)、『バンビ2』(06)、『ヘンゼルとグレーテル』(07)、『スーパーマンだった男』(08)、『オーシャンズ』(10)、『鞭』(11)、『人類滅亡計画書』(12)、『高齢化家族』(13)、『朝鮮美女三銃士』(14)、『国家代表?!2』(16)

ドラマだけでなく韓国のバラエティ番組でも活躍しているチン・ジヒさん。子役時代とは違うチン・ジヒさんにこれからも注目していきたいですね。

ドラマ

Posted by momotarin


PAGE TOP