ダンまち(映画)の感想はレビューは?ネタバレについても!

スポンサーリンク

こんにちは、もんちゃんちです。

ダンまちの劇場版が公開されましたね。

ところで窓口で買うときや映画館のスタッフさんが言う時、
「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」
というタイトルが長すぎて苦戦している方たちが多いようです。
そりゃそうですよね笑

ダンまち劇場版のレビューはどうなのでしょうか?
調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

ダンまち(映画)のあらすじ

 

神時代(しんじだい)以前より受け継がれている【神月祭】に沸き立つ迷宮都市(オラリオ)――

【リトル・ルーキー】として都市を賑わせた冒険者ベル・クラネルと、彼の主神ヘスティアも、その喧噪の只中に身を置いていた。

夜の闇を照らし出す、色とりどりの屋台や催し、
都市全体を淡く包み込む月光。

都市の喧噪の遥か上空で、月は静かに佇み、ただ待っている。英雄の誕生を、そして新たな冒険譚の始まりを――

公式サイトのあらすじはこのようになっていました。
なんだか文字だけ見るとなんのこっちゃですが、映像で見るとすんなり入ってくるんですよね笑

 

ベル、リリルカ・アーデ、ヴェルフ・クロッゾ、ヘスティアの4人で神月祭に参加します。
今回の大きな催しがヘルメスが主催する”クリスタルに突き刺さっている槍を引き抜く”というもの。
参加する誰もが槍を引き抜けずにいるところ、
ベルがいとも簡単にすっぽり槍を抜いてしまいます。

そうして槍に選ばれたベル君はアルテミス(CV:坂本真綾)という新キャラと共にオラリオ外部の遺跡を目指して旅に出るというストーリーです。

 

ダンまち(映画)の感想はレビューは?

ダンまち映画の見所は新キャラアルテミスとの出会いや絡みですね。
いつものごとくベルくんに惚れてしまうのでしょうか?

ダンまちの見所はなんといっても女の子の可愛さとセクシーさですよねー!
今回もばっちりあるようなので楽しみな人は期待していて下さい。

ちなみにダンまちの映画を見た人のツイッターでの反応は

 

こんな風に上々でした!

いつものダンまちらしく笑いあり、そして涙ありと珍しく感動うものですね!

映画も上映されたことですし、アニメの2期が楽しみ待ち遠しいです!

アニメ

Posted by momotarin


PAGE TOP