復活のルルーシュのネタバレと考察!カレンのお着替えシーンあり?

スポンサーリンク

こんにちは、もんちゃんちです。

復活のルルーシュ見てきました!最高ですね。

この先がっつりネタバレを含みますので、ご注意下さい。

スポンサードリンク

復活のルルーシュのネタバレと考察!

復活のルルーシュのあらすじはこんな感じです!

光和2年。
ルルーシュが倒されて1年。
世界は再編成された超合集国を中心にまとまり、平和な日々を謳歌していた。
しかし、平和は突如として終わりを告げる。

仮面の男・ゼロとして、ナナリーの難民キャンプ慰問に同行したスザクが謎のナイトメアフレームに敗れ、2人は連れ去られてしまった。

そうなんですよ、いきなり無敵なゼロのふりをしたスザクがなぜかあっさり負けてしまうのです。

シャリオがシャムナの予言という名のギアスの力で手の内や思考をバラしているのだから、スザクがあっさり捕まるのも納得です。

シュナイゼルの密命を受け、戦士の国・ジルクスタン王国に潜入したカレン、ロイド、咲世子はそこで、謎のギアスユーザーに襲われる。
そして、その場には襲撃者に“元嚮主様”と呼ばれる、C.C.が居た。

かつて神聖ブリタニア帝国の大軍すらも打ち破った無敵の王国を舞台に、人々が描く願いは、希望か絶望か。
果たして、ギアスのことを知るジルクスタン王宮の面々と、C.C.の思惑とは——。

私はこの映画を見る前、ルルーシュが生きてるというネタバレだけを聞いて映画を見に行きました。

まあ正直ルルーシュが好きなんでルルーシュが出ないと見る意味ないですもん笑

ルルーシュは生存していた!

そうです。ルルーシュは生きてたんです。

といっても冒頭はC.C.に守られていて自我がない虚ろなルルーシュでしたけど。

虚ろなルルーシュもそれはそれで可愛かったですよ!トラウマ強めでオドオドしてて、ギャップ萌えですわ。

それでC.C.はCの世界に置き去りにされたルルーシュの心を取り戻そうと、Cの世界の門があるジルクスタン王国へと最後の望みを抱いて旅をしてきたのですね。

そこで仕事をしていたカレン達と偶然にもバッタリ会うのでした。

やー、カレンちゃん相変わらず可愛いですね!

そしてルルーシュと再開した時のカレン、ロイド、咲世子の驚きっぷりがまたたまらんですね。

カレンのルルーシュに会えて嬉しいけど虚ろな姿に落胆しているという、複雑な心情がすっごく良く表現されていて良かったです!

 

そしてCの門がある場所へみんなで協力して行き、あちらの世界へと入ることが出来たC.C.とルルーシュですが、またもシャルルにちょっと邪魔されてましたね。どこまで息子に厳しいんだあの親父は。

ルルーシュとはぐれてしまったC.C.は先に現実世界に放り出され、敵に撃たれて絶体絶命のピンチです。

その時、身体にギアスマークが刻まれたルルーシュが戻ってきたのです。

やーさすが主人公、登場の仕方もカッコいいですね。(ルルーシュってちょっと厨二っぽい素振りしてるけど、それもルルーシュがやると何故かカッコいいんですよねー。)

さてここからはルルーシュのギアスの力で形勢逆転です!さすがにギアスを持ったルルーシュは強いですよね。

 

ルルーシュが生きてたことについてですが、ゼロ・レクイエム後にC.C.がルルーシュを助けたということになります。

ルルーシュがおそらくC.C.からコードを受け継ぎそれでルルーシュが生存していたという訳ですね。そして今のルルーシュはC.C.のように不老不死になったのです。

ではなぜC.C.はルルーシュを助けたのでしょうか?映画の中でも言っていましたが約束があったからです。でもその約束の中身までは明かさなかったですね。

おそらく以前ルルーシュがC.C.に言っていた「最後くらい笑って死ね。俺が必ず叶えてやる」ではないでしょうか?

 

そしてスザクとも再開したルルーシュ。スザクは色んなものが込み上げて思わずルルーシュをボコボコに殴っちゃいます。相変わらず手荒いなぁスザクは。

そしてボコボコにされながらも再開を懐かしむように微笑むルルーシュ。まあこれが彼らなりの友情表現なのかもしれませんねぇ。

 

復活のルルーシュでカレンのお着替えシーンあり?

コードギアス反逆のルルーシュでもたまにお色気シーンがありましたが、今回はカレンのお着替えシーンがありました!

しかも外で笑

カレンのそういうワイルドなとこも良いですよね。

というか今回はカレン、ルルーシュに対してデレ見せすぎて素直に可愛かったですよ!そこまでカレンのこと好きではなかったですけど、今回はカレンを気に入っちゃいました!

 

さて本題に戻ります。今回の目的はナナリーの奪還です。今までは敵同士だったスザクとルルーシュ・カレンが共に手を取って戦うという所がまた良いですよね。

しかも今回の敵はギアス保持者で結構手強いです。

敵のシャムナのギアスは、命を落とすことで時間を戻すことが出来、記憶を維持したまま、6時間前に戻すことができるというものです。そのため、ルルーシュの作戦はすべて対策されてしまうのです。

道を塞がれたルルーシュはこれでは勝てない。撤退するか?と諦めてしまいます。が、C.C.に私はお前を取り戻すために諦めなかったとルルーシュを諭します。

ルルーシュは再度思考を巡らせて、シャムナがギアス保持者であると仮定し、次々と策を練り、シャムナの元までたどり着きます。

そしてシャムナに死なす隙を与えず眠らせることに成功し、ナナリーを助け出すことが出来ました。

 

ナナリーに一緒に過ごしましょうと提案されるルルーシュでしたが、ナナリーは一人で生きていける力を十分持っているとナナリーと離れます。

そして一人勝手に旅立とうとするC.C.に俺も一緒に行く!と着いて行きます。

ルルーシュはルルーシュ・ランペルージから取ってL.L.と名乗る事を決意します。

というかルルーシュってLから始まるんですね。てっきりRかと思ってました。

そしてC.C.とL.L.がコード継承者としてギアスを持った人間に問うているというシーンかエンドロール後にありました。

いやぁー良かったですね。まずルルーシュが生きてて何よりでした。

あとオレンジ君がオレンジ運んでいたり、オレンジ畑にいる描写がもう完全にこいつ遊ばれてるなって思いました笑

 

アニメ, 映画

Posted by momotarin


PAGE TOP