思い思われふりふられ11巻のネタバレや感想!無料で読む方法!

スポンサーリンク

こんにちは、もんちゃんちです。

思い思われふりふられの11巻が発売されましたね。

思い思われふりふられのネタバレや感想をかいていきます。

 

思い思われふりふられ11巻のネタバレや感想!

41話

和臣は父親に将来のことで自分の夢をはっきりと言いました。父親は今日は疲れているので、後日時間をとってゆっくり話そうと言ってくれた。

和臣はその勢いで山本へ会って話がしたいとメールをする。しかし山本は亮介と話していてメールを見る余裕もない。

亮介は山本にめちゃめちゃ大事にするからよりを戻さないかと持ちかけます。

一方、理央は父親の仕事帰りを狙って待ち伏せていた。話しというのはもちろんいいかげん母親と仲直りをしてほしいというものだった。

理央が話が終わり自宅へ戻るとちょうど和臣がチャイムを鳴らそうかと迷っている所だった。山本にラインをするが一向に既読にならず自宅まで来たのだという。

理央が山本はすぐに戻ると出かけたが、急用か?と尋ねると、急用というほどではないので明日にするという和臣。

そして山本にも明日で良いとラインをする和臣。

そして山本は亮介の告白にやっぱり和臣の事が気にかかり、振ったのです。

山本は頭からっぽのままって言うけど、十分変わってるよと伝える亮介。言う事は辛辣だけど根は優しいのが亮介の良い所なのですね。

そして和臣からのラインに答えようと電話をかける山本。その電話に明日でいいやと言っていたが、やっぱり今日報告したいと言う和臣。

42話

見晴らしの良い場所で待ち合わせした二人。和臣は自分の夢のことを父親に話せたと山本に言う。

そして亮介に先を越されちゃまずいと切羽詰まり、ここまで勇気が出たとついに山本に告白する和臣。夏に振られてからも諦めきれずに好きでいたと告げる山本。やっと二人が結ばれたのです!!

山本も自分の母親に遠距離になるのは嫌だと伝えると決心して家に帰ったのです。するとそこには既に仲直りを済ませた父と母が。これで離れ離れにならずに済むと安心して涙が流れる山本なのでした。

翌朝、玄関で待ち合わせをする由奈と山本と理央。久しぶりの玄関での待ち合わせではしゃぐ二人。それを山本さんはこっち!とさらっていく和臣。まあカップルになってから初めての登校ですもんねー!

案の定いちゃいちゃ?しながら登校する二人なのでした。

43話

4人で遊びたいねと日程を相談する理央と和臣。その日は理央は由奈と二人で家デートをする日があるからと断る理央。家デートって何するの?と聞く和臣に理央は家デートの良さを語ると和臣も家デートいいね!と乗ってきた。

一方山本と由奈も初デートが4人じゃなくて何だか緊張すると相談する山本。こっちも女子トークで盛り上がってますね!

そしてお互い家デートをすることになった4人。

山本は和臣の家に上がるけど、親は今いないからという言葉にいちいちドキッとしてしまう。意識しちゃう山本も可愛いし、ガツガツしたら引かれるぞと理央に忠告されたのを食の方だと勘違いしてた和臣も可愛いですね笑 映画そっちのけでの惚気始める二人。

一方由奈と理央は由奈の家で由奈の両親も交えてなぜかトランプをしていた。

44話

二人で出かけて「またね」のハグが前よりもドキドキするようになった。そう感じる理央と由奈。

春休みが終わり2年生になった4人。理央は理系なので元々みんなとはクラスが違うが、他の文系を選択した3人もクラスがバラバラに。でも家で会えるからと特に心配することもない4人の絆が良いですね。

山本は帰りに中学時代の友達の花乃に会うと告げる。すると亮介君も来るんじゃ?と心配する由奈。なら一緒に和臣君も付いてきてくれる?紹介したいからという流れになった。だが今回は花乃だけであった。

花乃も交えて3人で会話を楽しむのであった。

一方、由奈と理央は由奈が行きたがっていたパンケーキのお店に来ていた。相変わらずラブラブな二人。ただ近所という事もあり、この間マンションでハグしている時に見られた近所のスピーカーママとまた会ってしまう。さらに帰り道人気のない所で気を使ってハグをしている所でまたスピーカーママと出くわしてしまった。

さっそくそのスピーカーママが噂を広げて理央に母親が注意をするのであった。

そこに山本や父親も帰って来て、父親からみんなに話したいことがあると切り出されて、海外赴任が決まったのでこの家を出ることになった。

というところで終わりです。

 

思い思われふりふられ11巻を無料で読む方法!

思い思われふりふられ11巻を無料で読む方法はあるのでしょうか?

U-NEXTでは30日間無料で体験することができます。

 

 

漫画

Posted by momotarin


PAGE TOP